1. 国際航空専門学校ホーム
  2. > 学校案内
  3. > 理事長・校長ご挨拶

学校案内 outline

理事長・校長ご挨拶

理事長ご挨拶

国際航空専門学校 理事長 中井 眞一郎

航空業界に未来を担う優れた人材を送り出す。
それが本学園の使命です。

学校法人浅野学園(国際航空専門学校)のある所沢市は、「航空発祥の地」とされています。これは、勅令により設置された臨時軍用気球研究会が明治43年(1910年)に飛行場として所沢を選んだ以来の歴史があるためです。
翌明治44年(1911年)4月1日に幅50メートル長さ400メートルの滑走路と格納庫、気象観測所を備えた日本初の陸軍所沢飛行場が開設され、4月5日には徳川大尉(本校初代名誉校長)がフランス製の複葉機アンリ・ファルマンでの初飛行に成功しました。
その後国産初の飛行機(会式1号)や飛行船(雄飛号)が製作され、フランス航空教育団を迎えて航空技術の教育訓練の場として陸軍航空学校ができ、その後は所沢陸軍航空整備学校となり、多くの少年航空兵らに航空技術と整備教育を施しました。
浅野忠行本校初代理事長は、陸軍航空学校や陸軍航空整備学校があった所沢に「国際航空学校」を昭和36年(1961年)に「航空従事者の養成」を目的として開校し、昭和56年(1981年)には埼玉県知事から学校法人浅野学園の設立認可を得ました。
本校は、運輸大臣(現在は国土交通大臣)指定航空従事者養成施設に指定され、出向者を含めて航空会社出身の経験豊富な教官を擁して、多数の「人間性豊かな航空従事者」を世に送り出してきました。
今後も建学の精神と50年を超える歴史を踏まえて、県の補助金を受け、税制上の恩典も受けている学校法人の立場をしっかり認識して学園の運営にあたり未来を担う優れた人材を送り出して行きたいと存じます。

校長ご挨拶

国際航空専門学校 校長 猪掛 隆

皆さんの夢をかなえられる学校です。

本校は開校以来半世紀を越え、国土交通大臣指定航空従事者養成施設の航空整備科3コース、運航整備科、さらにエアロサポート科、操縦科の合計4学科、5コースを有する航空専門学校となりました。
教官陣は、航空業界において一等航空整備士などの最上位の国家資格を有し、現場で長年にわたり経験を積んだ人がほとんどで、その高い知識と技量を学生たちに継承しています。各教官の経験談は、皆さんが社会に出てから役に立つ内容が多く、本校が半世紀にわたり積み重ねてきた伝統でもあります。
また、文部科学大臣より航空整備科、エアロサポート科が「職業実践専門課程」の認定を受け、さらなる教育品質の向上を目指し成長を続けている学校です。
航空業界は外から見るととても華やかに見えますが、小さな作業ミスが大事故につながる可能性のある重要かつ緊張感のある職場です。さらに、近年においてはLCCの参入も含め大変な競争状態にあります。しかし、皆さんの夢は希望する職種に就き、航空機の安全運航に貢献することではないでしょうか。
本校はそんな皆さんの夢をかなえられる学校です。

このページのTOPへ

国際航空専門学校トップページ