1. 国際航空専門学校ホーム
  2. > メッセージ
  3. > 田中 康博:OB/OGの声

メッセージ

Voice OB/OGの声

Voice 田中 康博 Yasuhiro Tanaka
2010年 航空整備科卒業 JALエンジニアリング

JALグループの企業理念を実践していきたい

田中 康博

航空業界に興味をもったきっかけは、試験勉強中に自宅の窓から見えた飛行機がとても魅力的に感じたからです。
業界について調べると、国際化が進み今後も成長していく業界だということが分かりました。その中で航空整備士を目指した理由は、業界の中で最も勉強と訓練が必要でやり甲斐のある仕事だと思ったからです。

国際航空専門学校に入学した理由は、高い就職率と航空業界の第一線で活躍されていたベテラン整備士(教官)の在籍数がとても多かったからです。
実際の授業や実習では、教科書からは学ぶことのできない、たくさんの現場を経験しきた教官の貴重な話を聞くことができました。また、クラスメイトも皆意識が高く、切磋琢磨し合いながら学ぶことができました。

動画で先輩の話を聞いてみよう

田中 康博

JALエンジニアリングを志望した理由は、日本の翼は“JAL”というイメージを持っていたことと、JAL機のシンプルな機体塗装が好きだったことそして、複数機のライン確認主任者の資格取得を目指せるからです。
入社後、初めて離陸直前の機体に搭乗されているお客様にお手振りをさせていただいた時の感動は今でも忘れられません。その後、学校や現場で学んだ知識や技能を最大限に活かして出発前の機体の不具合を直したことも印象に残っています。

今後は、一等航空整備士と社内資格であるライン確認主任者の資格取得を目指し、JALグループの企業理念である、「お客様に最高のサービスを提供すること」「企業価値を高め社会の進捗発展に貢献すること」をさらに実践していきたいと思います。
航空業界は非常に厳しいですが、やり甲斐もあり人間としても成長できる場所です。国際航空専門学校から航空業界への第一歩を踏み出して下さい。

このページのTOPへ

国際航空専門学校トップページ