1. 国際航空専門学校ホーム
  2. > メッセージ
  3. > 小宮山 涼:OB/OGの声

メッセージ

Voice OB/OGの声

Voice 小宮山 涼 Ryo Komiyama
2015年 エアロサポート科卒業 JALグランドサービス

一便一便の安全運航をサポートしていくことが目標

小宮山 涼

何度か飛行機に乗った時、機体の側で仕事をしている方々の姿に目を奪われ、自分も空港という特別な場所で、飛行機に関わる仕事がしたいと思い航空業界を目指しました。

国際航空専門学校に入学した理由は、実際に空港で使用されている車両機材を使用しての実習や、長年現場を経験されてきた経験豊富な教官の方々から直接指導を受けられるからです。また、1年次の夏に企業研修があることも魅力的でした。
入学前は、航空機に関してはもちろん、空港での仕事についての知識はほとんどありませんでした。しかし、実際に授業や実習を受けている中で教科書に書かれていることだけではなく、教官方の実体験の話を聞かせていただき、分かりやすく、そして楽しみながら航空業界について学ぶことができました。

JALグランドサービスを志望した理由は、減り張りのある社内の雰囲気や、幅広い業務を1つのチームで行い、お互いを把握し助け合い高め合える職場だと感じたからです。1年生の時に参加した企業研修で、実際の現場を体験させてもらったことで職場の環境が分かり、自分が働く姿をイメージすることができたことも志望の動機となりました。

動画で先輩の話を聞いてみよう

小宮山 涼

日々の仕事では、楽しいことだけではなく大変なこともたくさんありますが、国際航空専門学校の同期の仲間に空港内で顔を合わせるとホッとしますし、固い絆で結ばれていることも実感します。
目の前にある作業に責任を持ち、私たちの仕事が人の命に直結するということを自覚し、一便一便の安全運航をサポートしていくことを意識して仕事をしていきたいと思っています。

国際航空専門学校は、空港で使用されている車両機材を使っての実習や、経験豊富な教官方から直接指導を受けることができます。そして、在学中に空港での企業研修に参加できるので、航空業界を目指す皆さんにとって近道となる学校だと思います。

このページのTOPへ

国際航空専門学校トップページ