1. 国際航空専門学校ホーム
  2. > メッセージ
  3. > 岩渕 陽子:OB/OGの声

メッセージ

Voice OB/OGの声

Voice 岩渕 陽子 Yoko Iwabuchi
2012年 エアロサポート科卒業 スカイマーク

自分の成長を感じられる仕事です

岩渕 陽子

飛行機を利用した際に、空港で働いている女性たちを見て「かっこいい」と思い、この業界を志望しました。国際航空専門学校に入学したのは、実家から通えることと、現場で働いていた方が授業で講師として教えてくださるということが決め手でした。実際に授業を受けてみると、より実践的な知識や技術を学ぶことができ、夢に近づいているという実感を得ました。

国際航空専門学校は、同じ夢を持つ仲間が集まっているので、自然と将来へのモチベーションが高まります。在学中は悩みや相談事も共有することができましたし、卒業後も同じ会社に就職した仲間もたくさんいて、お互いの勤務地を行き来して交流するなど、今でも強い絆で繋がっています。高いレベルの授業と共に、素敵な仲間と巡り会えたことも学生時代の素晴らしい経験でした。

弊社では様々な業務を担当することができ、その仕事の内容は多岐にわたります。手荷物の仕分け、搬送、搭降載に加えて、飛行機からお客様が乗り降りさせるPBB(パッセンジャー・ボーディング・ブリッジ)と呼ばれる旅客搭乗橋の操作や機内清掃など、あらゆる業務に携わります。学生時代にこのような一通りの業務を経験していたので、戸惑うことなく対応することができたのは本当に良かったと思います。

ランプエリア内での業務は、夏は暑く、冬は寒いので大変なことも多いのですが、お客様の命を預かり、安全運航に携わる責任ある仕事なので、とてもやりがいがあります。空港で作業をしているときにお子様が手を振ってくださることもあり、そんなとき、この仕事をやっていてよかったと思えます。まだ入社して間もないですが、最初は先輩にサポートしてもらわなければいけなかったことが、ひとつ、またひとつと自分一人でできるようになり、日々成長を実感しています。

動画で先輩の話を聞いてみよう

岩渕 陽子

これからはさらに多くの社内資格を取得し、より幅広く仕事を任せてもらえるようになりたいと思っています。現在は、PBBが無い駐機場でお客様が飛行機から乗り降りする為のタラップ車の作業資格を勉強中です。将来は飛行機を牽引するトーイングトラクターの運転ができるようになりたいです。

どの業務も楽しく、やりがいのあるものですが、責任が重く大変な仕事でもあります。ですから、この職種を目指す人には、責任や大変さに対して理解をした上で、積極的に取り組んでいただける方になって欲しいですね。そして、女性のランプ担当者も現在増えていますので、もっと女性の後輩が増えて欲しいと願っています。みなさんと一緒に働ける日を待っています!

このページのTOPへ

国際航空専門学校トップページ