1. 国際航空専門学校ホーム
  2. > メッセージ
  3. > 山田 知良:教官からのメッセージ

メッセージ

Message 教官からのメッセージ

教官 山田 知良 Tomoyoshi Yamada
教務部長 一等航空整備士

新技術が登場しても変わらないもの航空整備士としての基礎を身につけよう。

山田 知良

「好き」という思い。進路を考えるときは、自分の好きなことから考えてみて下さい。私は小さいころから機械いじりが大好きでした。卒業を前に進路に悩んでいたとき、出会ったのが飛行機についての本でした。

ぱらぱらとめくると、機械いじりの血が騒ぎ出しました。この「好き」を活かせないかと思い、志望したのが航空業界です。

ところが当時、航空会社の採用は皆無でした。小型機業界も定期航空会社も駄目で、唯一採用していたのがヘリコプター会社でした。春から夏にかけては機体とともに日本全国を移動し、秋から冬は機体整備に追われ、1年が過ぎるのがあっという間でした。

山田 知良

このときに学んだ知識・技術・経験は今も役に立っています。よく言われることですが、航空整備士は引退するまで勉強です。新しい素材、技術は次々に開発されます。ですが、これもよくある例え話ですが、建物は基礎・土台がしっかりしていないと、すぐに崩れてしまうように航空整備士も大切なのは「基礎」です。新しい素材・技術が登場しても、根本の部分、基礎ががしっかりしていれば慌てることはありません。私たちと後々の人生まで役に立つ不変の基礎を身につけましょう。

このページのTOPへ

国際航空専門学校トップページ